まず、ある人が破産を手続きするまでは当事者に直接の電話での返済要求と借金のある当

まず、ある人が破産を手続きするまでは当事者に直接の電話での返済要求と借金のある当人の家への直接訪問での返済要求は違法行為にはならないと考えられています。とくに、自己破産の正式手続きに入ったあと余計な時間があったケースでは強硬な収集を行ってくる確率が増加します。債権保有者側としては返納もされずに、そのうえ自己破産といった公的な処理もされない状態だと会社内で処理をなすことが不可能だからです。

その上、債権者の過激派は法律屋に助力を求めていないと知ったなら、無理矢理な締め上げ行為をやってくる人もいるようです。司法書士あるいは弁護士の人に助力を求めたケースでは、各々の債権保有人は負債者に対しての直接徴集を続行することができません。要望を把握した司法書士の担当者か弁護士の人は仕事を受任したという意味の文書をそれぞれの債権者に送ることになり、各取り立て企業が受け取ったのなら負債者は債権者からの返済請求から自由になるということになります。

ちなみに、取り立て屋が会社や親の自宅へ訪問する返済要求は法律の条項で禁止事項になっています。貸金業で登録されている企業ならば仕事場や実家へ行っての取り立てが法律に違反するのを知っているので、法に反していると言ってしまえば、そういった返済要求を続けることはないと考えます。

自己破産の申し立ての後は破産者に対する収金を対象内としてあらゆる集金行為は禁止されていますから集金がきれいさっぱり音沙汰なくなるということです。とはいえたまにそういったことを分かっているのに電話してくる取り立て業者もゼロであるとは断定できません。

事業として登録してある業者ならば破産の申請後の収金が条項に違反するのを知っているので、その旨を伝えれば、そういった返済要求をし続けることはないと考えられます。といっても闇金融と言われている未登録の企業においては予測外で、強引な返済請求による被害者が減らない情勢です。裏金が取り立て屋の中に存在する際はどんな場合であれ弁護士または司法書士グループなどの法律屋に依頼するのがいいです。