キャッシングローンが返せずに給料が差押えられて大変でした!

私は現在北海道で派遣スタッフとして3交代で勤務しているのですが、給与はそんなに多い訳ではありません。派遣にはボーナスもない状況で、病気で障がいを持つ父の身の回りの世話をみたりいることもあり、毎月の費用は普通の家庭と比べればかかってしまうのですがこればかりは仕方ありません。少しでもお金になる仕事先を自分なりに調べてはいても、今もらっている給料ではとても足りなくて厳しいことも多々あり、ローン会社の借入額も嵩んでいかざるを得なくなりました。

借入れ金の返済がとうとう数ヶ月間出来ず滞らせていたところに、ある日突然、派遣会社の人から僕の給与が差し押さえられているとメールがきたのです。派遣会社の人から詳しく説明をでは、キャッシング業者が差押えが行ったので、僕に今月分の給与は振りこむことができないので、給料の3/4を供託されるをすると言われ呆然としました。受け取れるはずだった給料が貰えないという絶望感もありますが、自分の借金を返せずにいる肩身の狭い姿を派遣会社の人にばれたこともさらにショックで何を言えばいいかわからなくなりました。

そのとき派遣会社の営業マンが借金を解決するんだったらと助言してくれたのが、借金問題専門の相談窓口に相談して来た方がいいと奨めてされたのです。ぼくもネットで調べて見た聞いてみたのですが、専門機関で紹介してされた弁護士の方は債務や借金の問題を特化している法律事務所でした。相談を聞いてくださった弁護士に今回の件について相談すると、任意整理の手続をすることで大幅に借金を減らせるというアドバイスを受けました。今現在の資産状況から自己破産することを裁判所で申請して、同時廃止を行うことで、差押えが全部停止されて、抱えていた債務の精神的負担からも抜け出せることができ、生活のリスタートができるとのことでした。わたしの職業は資格制限に働くことが禁止されている仕事ではなかったことと、派遣元には僕が返済のことで首が回らないと知られていたので、わたしは自己破産の正式な手続きを弁護士さんに依頼したのでした。競馬などで散財が止まらないという事情ではないと裁判所で説明したので、意外にすんなり認められました。6ヶ月以上破産申請に時間がかかる人もいるとのことと伺ったのですが、弁護士のお力もおかげ、約75日程度で審査の確定がくだりました。

借金の支払いがなくなった上に、今まで通りの日常やお給料はそのまま確保できるので、本当の意味で再出発出来ます。しばらくは、クレジットローンを借りたりすることは出来ないのですが、それよりも、クレジットカードでできないということは0パーセントました。一人で不安を抱えず素直に任意整理の相談を法律事務所を話すればよかったと思い反省しています。