日刊紙の宣伝、ゴシップ紙、繁華街に見かける宣伝や郵便広告で「多重負債の整理します

日刊紙の宣伝、ゴシップ紙、繁華街に見かける宣伝や郵便広告で「多重負債の整理します」「借金をまとめましょう」などといった惹句を閲覧することがよくあります。

それらは、「整頓人」「買取専門屋」「紹介業者」という名称の悪徳会社のおとり広告のケースもあったりします。

こういったものを利用した場合では自己破産フローの中で最重要な免責認可を受けられない危険性が存在します。

「整理人」はチラシなどで負債者を引きつけ、高い代金を取り債務整頓をしますけれど実際は整頓は行われないまま、依頼者は債務スパイラルにはまってしまう失敗がほとんどになります。

「買取屋」というのは依頼者のローンで、電気製品、飛行機の利用チケットを多量に購入させ、当人からこれらの商品を定価の30%や額面半額で引き取るという手段です。

当人は短期には金銭がもらえますが、必ずカード業者によって買ったものの定価の支払い要求が送られて来ることになり、実際のところ借金額を上乗せする結末で終わります。

このケースだとクレジットカード企業に対する詐欺行為として免責がもらえません。

「紹介者」とは、著名な貸金業者から拒絶された債務人に直接の融通は全然せずに、資金提供をしてくれる違う貸し手を教えて、常識外の料金を請求する会社です。

紹介人は高度な手続きで金貸ししてもらえたというように報告しますが、何もしておらず単に審査の緩やかなルートを説明しているということなのです。

このケースも実際のところ負債額を増加させる結果となります。