民事再生という方法は住宅のローンがある複数の債務に苦しんでいる方々をターゲットと

民事再生という方法は住宅のローンがある複数の債務に苦しんでいる方々をターゲットとしてマンションを維持したまま経済的に再建するための公の機関を通した債務圧縮の手段として平成12年11月に適用されるようになった制度です。

民事再生制度には、破産手続きとは違い免責不許可となる要素はないので、賭け事などで借金を作った場合も民事再生は問題ありませんし破産手続きをすることで業務停止になりかねない資格で仕事をされている人でも制度の活用が行えます。

破産手続きの場合は住居を残しておくことは考えられませんし、特定調停と任意整理では圧縮した元金を戻していく必要がありますので住宅ローン等も支払いながら支払うのは多くの人の場合困難だと思われます。

しかし、民事再生という処理を選ぶことができれば、住宅ローンのほかの借入は少なくない負債を減ずることが可能ですので、余裕をもって住宅のローンを返済しながらそのほかの借金を払い続けることができるということです。

しかしながら、民事再生という手段は任意整理や特定調停といった手続きとは異なり特定の債務だけを除いて手続きしていくことはできませんし破産においてのように元金それそのもの消滅するのでもありません。

また、それ以外の方法に比べ手順がこみいっていて手間が必要ですので、住宅のためのローンがあり住んでいる家を手放せない時などを除き、自己破産等他の解決策がない際における最後に考える手段と見ておいた方がいいでしょう。