特定調停という方法も任意整理と同じように、それぞれの債権を有する者に対しての返金

特定調停という方法も任意整理と同じように、それぞれの債権を有する者に対しての返金を続けていくことを前置きとした債務整理の選択のことです。

わかりやすくいうならば裁判所における負債整理ということができます。特定調停も先の方法と同じように破産とは異なって一部分の借金のみをまとめていくことが可能ですので他の保証人が付く負債額を別として手続きする際や自動車ローン以外について手続きしていく場合等も適用することが可能になりますし資産を処分してしまう必要がないため、マイカーやマンションなどの財産を持っているけれど、放棄したくない場合などでも活用可能な借金整理の方法です。しかしながら、手順を踏んだ後返済する額と実際の所得額を検討し、だいたい完済が見通せるのであれば特定調停での手続きを進めていくことは可能ですが、破産手続きのように負債そのものがなくなってしまうということではありませんので、お金の量が大きい状況の場合現実には特定調停による方法を取るのは難しいと判断することになるでしょう。

また、この手順は国の機関が介入するので弁護士などのプロに関わってもらわなくても立場が弱くなってしまうことがないということや、手続きの諸経費を圧縮できるという良いところはあるのですがわずらわしい取り立てに対し自ら回答することになる点に加え実際に裁判所に幾度も足を運ぶことが必要になるなどの要素もあります。くわえて、任意整理による方法に対してこの方法で和解が成立しない場合は年利をすべて含めた額で返済していかないといけないということやお金の貸し手に対し返済する額が任意整理による処理より高くなってしまうことがあるというような注意点もあります。