特定調停という方法も任意整理による方法と似ていてそれらのお金の貸し手へ借金の支払

特定調停という方法も任意整理による方法と似ていてそれらのお金の貸し手へ借金の支払いを行っていくことを前置きとした借金を整理する選択です。          わかりやすくいうなら裁判所における借金整理となります。          

任意整理による解決とほぼ同じく、破産とは異なって一部の負債だけを整理することができるため、他の連帯保証人がいる負債額を別として整理する場合や自動車ローンを除き整理をする際などにおいても使うことも可能になりますし全ての財産を手放してしまうことは必要とされていないので、戸建て住宅などの自分の資産を所有していて放棄してしまいたくない状況においても活用できる債務整理の方法です。          

いっぽうで、手順を踏んでから返済が必要となる額と実際として可能な所得額を検討しある程度返済の計画を立てられるようならばこの特定調停による手続きを進めていくことが可能ですが、自己破産とは違って借金自体が消滅するというわけではありませんので、借入金の金額が大きい状況の場合現実問題としてこの方法で手続きを進めることは困難になるといえるでしょう。          

それから、この方法だと裁判所が解決に当たりますので専門家に見てもらわなくても立場が弱くなることがないことや、手続きの諸経費を低くおさえられるという良いところはありますが債権者からの催促に対して本人が処理しなくてはいけないこととか文字通り裁判所に何度かおもむくことが求められるというようなデメリットもあります。          

それから、任意整理による処理と比較すると、この方法で和解が成立しないような時は利子をすべて付けた形で返していく必要があるという点やあとから見れば債権を持つものに返済するお金が任意整理と比べて増える傾向がみられるというような留意点もあります。