特定調停も任意整理による手続きと同じように、それらの貸し手に支払いを行っていくこ

特定調停も任意整理による手続きと同じように、それらの貸し手に支払いを行っていくことを前提とした借金を整理する方法のことです。わかりやすくいうなら裁判所が関与する負債の整理ということができます。

この手順も任意整理と同じく、破産宣告と違って一部分の負債のみをまとめていくことになるので、他に保証人がいる負債額以外だけで検討する時や自動車ローン以外で処理したい際等においても用いることが可能になりますし、財産を放棄することが求められていないため、マイカーや住宅などの自分名義の財産を所有しているものの、放棄してしまいたくない状況であっても活用可能な債務整理の手順といえます。

しかしながら、後々の返済金額と収入をかんがみて、適度に返済が見通せるようであれば特定調停での手続きで進めるほうが良いといえますが自己破産と違って負債自体が消えるということではないためお金の量がだいぶある状況の場合この方法を取るのは困難だということになります。

また、この特定調停は裁判所が間に入りますので司法書士等にお願いしなくても不利になってしまう心配がないということとか、解決のための金額をおさえられるというメリットがありますが債権者からの取り立てに対し回答することになる点や実際の裁判所に何回も出頭する手間を要するというような覚えておきたい点もあります。さらには、任意整理による手続きと比較すると解決できないような時は年利を全部含めた状態で返していかなければならないということや結果的にはお金の貸し手へ払っていく合計額が任意整理による方法と比較して高くなる傾向があるという注意点もあります。