破産宣告で抱える負債にあたって保証人となる人物を立てている場合には、早い段階で話

破産宣告で抱える負債にあたって保証人となる人物を立てている場合には、早い段階で話をしておいたほうがよいでしょう。ここで、強調させていただきますが、保証人が存在する場合は自己破産手続き前によく検討しておかなければなりません。なぜならばもし自己破産をしてOKが出ると、その人たちがその返済義務をみんな背負う必要があるからです。ですので、自己破産手続き以前に保証する人に、至った詳細や現状を説明してお詫びをしておかなくてはいけないでしょう。

これらはあなたの保証人の立場に立つと当たり前です。みなさんが破産の手続きをすることから、有無を言わせず何百万円もの借金がふりかかってくるのです。そうなるとすれば、それからの保証人になってくれた人の考慮する方法は次の4つです。まず、保証人である人が「すべて返金する」という方法です。保証人自身がすぐに多くのいともなく支払うことができるような現金を持ち合わせていればこれができるでしょう。でもむしろ、自分は破産宣告せずに保証人に立て替えをお願いして、これからは保証人自身に月々一定額を返済をしていくという選択肢もあると思われます。保証人が破産を検討している人と良い関係にあるのなら、ある程度期日を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

保証人が耳をそろえて完済ができなくても、貸方も分割支払いに応じるかもしれません。保証人に破産宣告をされると、カネがまったく返金されないリスクがあるからです。もし保証人がそれらのカネを全額背負う財力がなければ借金しているあなたとまた同じく何らかの債務整理をすることを選ばなければなりません。2つめは「任意整理」を行う方法です。この方法は債権者側と示談する方法によって5年ほどの年月で返済する方法です。弁護士事務所にお願いするときの経費は1社ごとに4万円ほど。もし7か所からの債務があれば28万円かかります。必要な貸金業者との話し合いは自分でやってしまうこともできないことはないかもしれませんが、この面での知識のない素人だと債権者が自分に有利な条件を出してくるので、気を付ける必要があります。

ただ、任意整理を行う場合は保証人である人に借金を立て替えさせることを意味するのですから、借りた人は長くかかるとしても保証人になってくれた人に返済を続けていくべきでしょう。3つめは保証人も破産した人とともに「破産を申し立てる」という選択肢です。その保証人も返せなくなった人とともに破産申告すれば、保証人の借金も消えてしまいます。ですが、保証人である人が有価証券等を登記している場合は該当する私財を失ってしまいますし、資格制限がある職務にあるのであれば影響は避けられません。個人再生を利用するといいでしょう。一番最後に4つめの方法としては「個人再生をする」ことができます。土地建物等を手元に残しつつ整理をしたい場合や、破産申し立てでは資格制限がある職業に従事している方に検討していただきたいのが個人再生による処理です。この手段なら自分の住宅は手元に残りますし破産のような職種の制限資格制限が何もかかりません。