破産認可がおりた場合、どういう種類の損・デメリットがあるかは破産申請を考慮してみ

破産認可がおりた場合、どういう種類の損・デメリットがあるかは破産申請を考慮してみた方にとって初めに得たい情報だと考えられます。

破産者が避けられない不利益についての事項を箇条形式にしようと思います。

・市町村役場の破産者一覧に載せられます。

※正式な証明書を作るための書類であるから普通の人は入手することができないし免責の決定が手に入れば抹消されます。

・官報上で記載される。

※一般の新聞とは異なり通常の書店には扱われていないですし一般の人達には縁のないものであると思われます。

・公法上での資格制限。

※自己破産認定者になると法律家、税理士などといった資格所有者は資格無効になるから仕事ができません。

・私法上のライセンスの制限。

※後見者、保証人、遺言執行人を受け持つことができません。

さらに、合名の会社、合資会社の労働者および株式形式の企業、有限企業の取締役の人、監査役員のときは退任事由となってしまいます。

・自動車ローンやクレジット用カードを活用することができません。

なお、破産管財人ケースの際は以下の制約も追加されます。

・本人の家財を好きに利用、処分することが不可能になります。

・破産管財を行う人や債権保有者グループの申請があれば必要な回答をすることが求められます。

・承認がないと住処の変更や大型の外出をしてはいけなくなります。

・裁判官が緊急であると許したケースには当人が捕まえられる場合が存在します。

・送付品は破産管財をする人に届けられることになり破産管財役は受け取った郵便を開けてもよいことになっています。

その他、自己破産人の不便性に関する一般人に間違われている要点をまとめにしておきます。

1戸籍情報および住民データには記録されません。

2会社は破産してしまったことを根拠として退職をせまることは許されません。

※原則として、当人が告白しないかぎり周囲に分かることはないです。

3選挙権や被選挙の権利などの権利は剥奪されません。

4連帯保証人でなければ血縁者に代わりに払う義務などは認められません。

5最小限生存に必須な家具(デスクトップPCデジタルテレビなどを入れて)服などは差し押さえないです。

自己破産人のデメリットに関連してあげてみました。

自己破産をしたら負債は免除になるでしょうが、今まで挙げた不利益もあります。

破産の申し立てを考慮する上で、効果も不利益きちんと思案した方がよいと考えます。