自己破産というものを行っても家族に直に事実関係の報告などがなされるということはな

自己破産というものを行っても家族に直に事実関係の報告などがなされるということはないと言えます。従って、親族に気付かれてしまい自己破産が可能だとお思いかもしれません。ただし現実を見ると、自己破産というものを希望する際に役所などから同居中の両親や兄弟などの収入を記載した紙面や預金通帳の複製等といった証明書類の届け出を余儀なくされるというというような事態もありますし、貸し主から近親者へ事実関係の報告などがなされるケースもありますので家族や親類に露見してしまわないように自己破産の手続きが行うことが可能だという100%の確証は得られるものではないといえます。家族や親族に内緒にしてそれ以降に気付かれてしまうよりかは本当のことを偽らずに相談をして家族全員の協力を得て自己破産手続きを行う方がよいでしょう。一方、違う場所に住んでいる家族の方が自己破産の手続きを行ったのが事実が知れ渡ってしまうなどといったことはひとまずありえないと納得してください。妻または夫の支払義務を消滅させるために別れることを図る早まったカップルもいるようですが実際は夫婦同士であるとしても基本的には自らが(連帯)保証人に身を置かない限り民法上では拘束は発生しません。その一方で、保証人になってしまっているならば離婚届の提出をしても民法上の責任に関しては引き続き本人が負わなければいけないから支払い義務があります。つまり、別れることを実行したからといって未返済金などの債務の支払に対する強制力が失効するなどということは認められないのです。あるいはしばしば債権保持者が破産者の家族や親類に支払請求を実行してしまうようなこともありますが、連帯保証人ないしは保証人ではないようであれば親と子供の間ないしは姉と妹の間など家族の借金などに関して借りた人以外の家族や親類に法律的な法的な支払い義務は考えられません。実際は債権をもつ取引先が支払義務背負っていない家族や親類を標的に支払いの催促を行うことは貸金業の規制法における金融庁の実務基準の中で固く禁じられており請求の実行方法によりますが貸金業関係の法律の支払の請求の取り決めにそむくことになります。従って、法的な支払義務がないにも関わらず債務者の家族や親類が請求を不当に受けてしまったとすれば、借りた会社に対して支払の催促を直ちに停止するよう注意する内容証明を送ると良いでしょう。よく借りた人その人の事が可愛そうだからと考えて本人以外の家族や親族が借りたお金を代わりに返済するようなこともありますが、借金を持つ本人好意に依存してそれ以降も借金のトラブルを引き起こすことが多いのです。ですから、借金を持つ本人立場において思いやったら厳しいかもしれませんが債務を負った本人の自助努力で負債を返済させていくか、そのようなことが現実的でないようであれあば自己破産申し込みを行わせる方が今後の生活を全うするためには良いと思われます。