雑誌の折込広告、繁華街に見られる宣伝広告や郵便広告などで「借金の片付け任せてくだ

雑誌の折込広告、繁華街に見られる宣伝広告や郵便広告などで「借金の片付け任せてください」「負債を一括化しませんか」というような宣伝を目に入れることが多いです。

「整理屋」「買取業者」「紹介業者」という俗称の悪徳業者の広告の場合もあります。

それらを申し込んだケースでは自己破産の流れの中で一番大切な免責許諾を手に入れられなくなる危険がありえます。

「整頓屋」とはDMなどで債務者をおびきよせ高い費用を受け取って債務整頓をしますが、現実には借金整理はなされず、負債人はより債務スパイラルに堕ちてしまう場合が9割方と思われます。

「買取屋」の場合は借金者のローンでデジタル用品、旅行のチケットなどを限界まで買わせて、購入した品物を売値の30%から額面半値で買い直すという手段が主です。

債務人は一時的にはお金が手に入りますが、まもなくカード業者経由で購入物の販売額の返済請求がくることになり、債務額をアップさせることになってしまいます。

この場合はクレジットカード業者に対して詐欺であるとされて免責が受けられなくなります。

「紹介人」とは大手消費者金融から貸してもらえなくなった借金者に、融資は一切せずに、提供を可能な他の貸し手を呼び出し、法外な経費を請求する悪徳業者です。

紹介者は専門的な努力で融通可能となったように会話しますが実際には特に何もせず、単に選考の甘めのサービスを説明しているというだけなのです。

このケースだと現実には債務額を悪化させることとなります。